声の敵5

皆様こんにちは、福井です。

今日は姿勢についてお話させて頂きます。

まぁ、悪い姿勢は色々とありますが、一般的には「猫背」と言われている悪い姿勢が圧倒的に多いようですので今回はそのお話をさせて頂きます。^-^

簡単に言うと、背中が前方へ湾曲して顎が上がり完全に前屈の状態の姿勢のことです。

軽度から重度まで様々ですが、世の中の半数以上の方がこの状態にあるように思います。

お身体のケアを考えて日頃スポーツやジム通いなどされている方も多いようですが、残念ながら、その方々でも「猫背」の方は実際に多いですね。

この姿勢は、肺が圧迫されて喉の軌道も狭くなり、肩、首が絶えず硬直状態にありますので「深いブレスが取れない」「力まないと声帯が振動しない」絶えずブレスが浅いので些細なことでも精神的に「緊張しやすい」などの悪循環が起こってしまう姿勢ですので、「体」「声」「精神」のいずれにも敵であります。

ちなみに軽度の「あがり症」の方はこの簡単な「姿勢」と正しい「呼吸」だけでも改善されています。

心と体は密接な関係があると言われていますが、実はそこには呼吸法が大きく関連しているようです。

詳しいお話や矯正法は近々「声の味方」で説明させて頂きますが、簡単な所では、

「顎は引く」です。

背筋だけを意識して伸ばそうとする人は多いですが、結果、後方へふんぞり返ってしまって更に最悪の姿勢になりかねません。

「顎を引いて上方に身体を伸ばす」と自然に背筋は伸びます。

そして肩首の力は抜くです。

立っていても、座っていても同じ感覚です。

以下の写真は大体のイメージです。

よろしければ、差支えのない自由な時間帯にでも早速やってみてくださいませ!

そして継続しましょう。^-^

それでは失礼いたします。                        福井