記事

ロングブレス

発声するには息を吐かないと声帯が振動しません。

肺の中の息が全く無いという状態はありません。

しかし肺の中に少ししか息が入っていないと絞り出さないと出ません。

そこで力みが生じやすいのです。

そうならないために呼吸法というものがあります。

力まないために肺に豊かに空気を送り込むことを最初にやります。

例えばナレーターの方が延々と文章を読んで一瞬で息継ぎをしないといけない場面が多々あります。

歌の世界は更にあります。

一瞬で吸ってもたくさん息が入る身体を持てるのは発声に有利です。

それには最初から一瞬で吸っても吸える器が小さいので大して入らないです。

それに筋肉が反発して痛めかねないですので、そうならないための器作りです。

柔軟で大きな器を作って行きましょう!

それにはロングブレスです。

余談ですが当方で呼吸法をマスターされた多くの方のウエストが細くなっています。^-^

腹式呼吸が基本です。

ゆっくり鼻から息を吸って口から吐きます。

この時自分の感覚で半分くらい入れば十分と思ってください。

次にカウントしながら吸って行きますが、最初は無理なく2,3秒かけて吸いましょう。

日々段々と長くカウントして行きますが、30秒は吸い続けることが出来るようになりましょう。

但し決して無理なく行って下さい。

苦しくなったら我慢せずに吐いてください。

私自身は60から70秒吸い続けます。

別に記録を作りたい訳ではなく、大きな器を持てれば一瞬で吸ってもたくさん入る身体を持てることが可能です。

横隔膜の鍛錬にも最高だと思いますが、当方のごく一部の呼吸法です。

余談ですが当方で全ての呼吸法をマスターされた多くの方のウエストが細くなっています。

皆様、お気楽に継続しましょう。